カメログ

現実の中にあって、現実を超えていこう。(^_^)

おすすめツール

【ポメラDM200】あの親指シフトの環境づくりが苦もなくできる唯一の方法。

投稿日:2020年4月1日 更新日:

テキストが快適に入力できる、という点では、知る人ぞ知る「親指シフト入力」。

※ひょっとして知らなかったらググッでくださいね。

しかし、その入力環境を構築しようとすると、なかなかに面倒だったりします。

親指シフト配列のキーボードを用意し、
専用の入力ソフト(例えばJapanistとか)をインストールし、
親指シフト入力ができるよう環境設定するなど
をしなければなりません。

そうしたハードルの高い壁があるため、PCの世界でも、親指シフトは一部のユーザーが愛用しているだけの状況となっています。

ところが、その親指シフトの環境づくりが、なんの苦もなく、カンタンに実現できる方法があるのです。

それは、ポメラを買うこと、
これだけです。

ポメラとは、キングジムのデジタルメモ「ポメラ DM200」のことです。

キングジム デジタルメモ「ポメラ DM200」
https://www.kingjim.co.jp/pomera/dm200/

ポメラDM200は、ノートPCでもない、タブレットでもない、テキスト入力専用マシーン!!

いわば「現代のワープロ」です。

ワープロといっても若い方には通じないかも。(^_^; 正確には、ワープロ専用機と表現したほうが良いかもですね。

要するに、テキストの文章を書くことに特化したマシン。
なので、インターネットも使えない。
というか、あえてネットは使わないという仕様。

余計な機能がないままにしてあるから、文章づくりに専念できる、という機械。
限りなく文房具、ほぼ筆記具ともいえそうな電子メモ(?)なのです。

といっても、SDカード対応だから、デジカメのように、入力したデータ(テキスト文章のことね)を、気軽に取り出して使い回せます。

入力したテキスト文章を画面にQRコードで表示し、それをスマホでパッと読み込めるということもできちゃいます。

肝心の親指シフト入力については、「キー設定」というメニュー操作ひとつで、スタンバイOK!となります。

こんなに単純明快で、気軽に使える親指シフト入力環境は、ほかにありません。

ネット検索してみると、ポメラとスマホを使って、ブログの原稿を1000記事アップしたという親指シフターの方も見かけました。

唯一の欠点と言えば、価格が高いことを指摘されます。
定価 49,800円(税別)。

確かに高価な製品ではありますが、発売されたのは、もう4年も前の2016年秋でした。だから、

実売価格はかなり落ち込んでいて、最近は3万円代で購入可能の状況となっています。
さらに、発売から日が経っているということもあり、中古品もよく出回っており、探せば程度のよいものが2万円代で見かけます。

実売の価格とか、気になる方は、リンク先をご確認ください。
↓↓

親指シフトできる方はもちろん、ローマ字入力だって普通にできるので、気軽なテキスト入力マシンとして、本当に、超おすすめです。

私も愛用しています。(^_^)v

-おすすめツール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スティーブ・ジョブズの現実歪曲フィールド。

ちょっと前、思うところあって、スティーブ・ジョブズの伝記本を読んでいた。 スティーブ・ジョブズ I・IIセット 単行本 リンク   和室で寝ころびながら読んでいた時のこと、本のまわりが何やらボワボワ? …

これって、最強のBGMかも。雅楽~平安のオーケストラ

仕事場では、いつも癒し系の音楽をBGMとして流している。最近は、気持ちが落ち着くので、静かなハープの演奏曲を好んでかけている。先日、知り合いの音楽の先生が「これ超おすすめ、一度聴いてごらんなさい」と紹 …

はるか遠い日に。「道をひらく」…松下幸之助

なんと、経営の神様・松下幸之助のご指導(←コレとんでもなく凄いんですが!)による祈願が開示されたというので、先日、さっそく行ってきました。※『不況脱出祈願』―松下幸之助特別霊指導―(5/7開示) 午前 …

【time indicator】現在位置を明確にする。タイムインジケーター

今日って何日? 何曜日だっけ? けっこう良く言ったり、聞かれたりする。 ここはどこ? 私はだれ? ・・・どうかすると、現在地がわからなくなることって、ありますよね。そんな時のため(?)、毎朝、デスク前 …