カメログ

現実の中にあって、現実を超えていこう。(^_^)

おすすめツール 現実を超える

はるか遠い日に。「道をひらく」…松下幸之助

投稿日:2020年5月23日 更新日:

なんと、経営の神様・松下幸之助のご指導(←コレとんでもなく凄いんですが!)による祈願が開示されたというので、先日、さっそく行ってきました。

※『不況脱出祈願』―松下幸之助特別霊指導―(5/7開示)

午前の祈願を受けたかったので、朝から出発。1時間前には正心館に到着、そく特別祈願室のあるフロアへ向かった。

おそらく自分が最初だろうと思っていたが、すでに一人、静かに祈願書をしたためている先客がいた。

みるからに徳の高そうな、(どこかの社長?)経営者風の方だった。さすがだなぁ…。

自分も少し間をあけて座り、まず深呼吸。心境を整えてから、祈願書に向かい、ゆっくり記入していった。

しばらくして、人も増えた。といってもわずか数人。
定刻になると、控えの間に通される。

祈願にあたって極めて重要なレクチャー等があり、ひたすら心静かに時が満ちるのを待つ。
そうして、ようやく特別祈願室の間へ。静かに入っていく。

で…、驚いた。

今までにも、ここに来たことがあるはずだが、まるで別の空間になっていた。
ブルーとホワイトの抜けるような美しい床。

陽差しがさんさんと、心地よい風がそよそよと、流れてくる(?)、明るく広々とした窓、壁(?)。

天井もあるはずなのに、青い空が透けて見えるような気がする。

どうなっているんだ?

澄みきった青い大空の、はるか上空に、ピタリと静止し、浮かんでいるような、不思議な四角の空間。

下を見ると、床を通り超して、地上が小さく透けて見えてしまうような感覚。

建物としての物理的な部屋、普通の様子は、確かに自分の目にうつっているのだが、それに、二重映しのように、透明なクリスタルのような像が重なり、ダブッて見える。

こんな経験は始めだ。

しかし、祈願前の精妙な波動を乱してはいけない。ただただ心静かに座り、導師の登場を待った。

そのあとのことは、もう詳しく書く自信がない…。

憶えているのは、まず、導師の心の素晴らしさが、ひしひしと伝わってきたこと。

祈願を行う導師の落ち着いた声や、心境の波動が、それはそれは精妙で、穏やかで、心にしみ込んできた。

人間って、修行を重ねると、こんなにも聖なる心、静なる心(?)になることができるのだろうか…、という感動を覚えた。素晴らしい。

しかし、それ以上に感極まってしまったのは、
経営の神様・松下幸之助から、

「もうずっとずっと昔から、お前を愛してきたんだがなぁ~!」

という、メッセージが心に飛び込んできて、衝撃を受けた。

祈願が始まってすぐ、工業高校を卒業し初めて社会人になった頃のことを思い出した。

まず、就職した会社が松下系の小さなメーカーだったこと。

入社してすぐに松下の本拠地・大阪へ行かされ、泊まり込みの研修を受けさせられたこと。

昼間は本部で研修みっちり、夜はお寺に宿泊。
朝夕バスで通う、早寝早起きの日々。さながら修行僧のような新人合宿研修。
そこで仕事の基本、初歩の初歩のマナーをたたき込まれた。

そして、完全に忘れていた、大切なことを思い出した。

社会人になったばかりの同じ頃、地元のおばさんから、
松下幸之助の「道をひらく」を渡されたシーンがよみがえってきた。

「これ社会人になったお祝いね」
と言って、優しい笑顔で、差し出された。

受け取った「道をひらく」は、手帳サイズの小ぶりの書籍で、読みやすかった。
いつも持ち歩き、大事に読んでいた。

そんな遠い日々のことを思い出した。

20代の頃には、何かある度に、松下幸之助の本をいろいろ読んだり、さらに大人になってからも、あちこちで松下幸之助関連の研修を受けたりしてきた。

1996-09-15 16:30 手帳のメモから ■経営の神様
http://mstart.private.coocan.jp/note/memo01.html


そうした思い出が、次々と映し出されていき…

「な、ず~っと、お前を見守っていたんや。縁あって、つながった。この縁の力は、とほうもなく強いんや。」

最初のご縁があった、18歳の時から数えると、なんと46年間(!!)。

こんなにも長い間、見守っていただいていたのか… (T_T)

「力をしぼれ、知恵をしぼれ。そうしたら、新しいものが出てくる、新しい道がひらけてくるっ!」

私は、かろうじて声を抑え、もう激しく激しく号泣。
胸がボコボコして、涙が流れまくって、どうにかなりだった。

その日、帰るなりネットで「道をひらく」を注文。

数日後には、再びこの本を手にすることができ、以来、常にカバンに入れ、持ち歩いている。

P.S.
最近、懐かしくずっと読み返しているが、やはり若い時に読んでいた本なので、自分の仕事の原体験になっていたような感じがします。
今でも、いや今だからこそ、説得力のある、気づきを得られる本だと、つくづく感じ入っています。

-おすすめツール, 現実を超える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自分探しの旅】アイデンティティを知る方法 生まれたところにヒントはあるか。

先日、親戚の結婚式に出るため、九州へ行ってきました。九州へは仕事で何度か行っているのですが、生まれた所(熊本県)へ行く機会は、なぜか今まで一度もなかったため、とても楽しみにしていました。初日の朝、空港 …

これって、最強のBGMかも。雅楽~平安のオーケストラ

仕事場では、いつも癒し系の音楽をBGMとして流している。最近は、気持ちが落ち着くので、静かなハープの演奏曲を好んでかけている。先日、知り合いの音楽の先生が「これ超おすすめ、一度聴いてごらんなさい」と紹 …

手帳のメモから 熱田さま

きょうは、月はじめの1日。商売熱心でもって、信心深いわたくし店長は(自分で言うなよ)、毎月この日、神社へ詣でるのです。まずは会社を見守ってくださっている地元の氏神さまへ。そして、きょうは特別に、その足 …

免疫力を高める心のあり方【新型コロナ発生前に公開された情報おすすめ資料7選】

新型コロナが現れ、はや4カ月。衰えるどころか、ますます猛威をふるっています。こんな状況では、健全な精神状態を保つことさえ危うくなってきます。こうなると、衛生的な予防法だけでなく、精神的な心がまえや、内 …

秒で起きる。二度寝しないコツ。【早起き】

自分は、根っからの夜型人間、野生動物ならぬ“夜生動物”だと思い込んでいた。 だって、10代の半ばに、夜ふかしをおぼえ、20代になると、朝まで徹夜で遊んだり、 30代の頃には、無我夢中の仕事人間。カン徹 …