カメログ

現実の中にあって、現実を超えていこう。(^_^)

現実を超える

免疫力を高める心のあり方【新型コロナ発生前に公開された情報おすすめ資料7選】

投稿日:2020年4月6日 更新日:

新型コロナが現れ、はや4カ月。衰えるどころか、ますます猛威をふるっています。こんな状況では、健全な精神状態を保つことさえ危うくなってきます。

こうなると、衛生的な予防法だけでなく、精神的な心がまえや、内面からの予防アプローチも必要と思います。

そこで、今回は、

「カラダの免疫力」と「ココロのあり方」の関係についてスポットを当て、「免疫力を高める心のあり方」という観点から、有効と思われる情報や文献を探ってみました。

なお、今回は、ウイルス発生後に発表された情報はあえて対象外とし、2020年1月以前に発表されたものだけに限定。記事の信憑性を高めることとしました。

また、『「身体の免疫力」に良い影響を及ぼす「心」の関係』について掘り下げていきたかったため、単なる「心の健康」や「心の免疫」だけをテーマとしたものも省かせていただきました。m(_ _)m
 
 

その1 2004年7月
ポジティブ感情はなぜ必要か?

ポジティブ感情はなぜ必要か? 心理学ワールド第26号掲載 2004年7月15日 同志社大学文学部教授・鈴木直人 公益社団法人日本心理学会
https://psych.or.jp/interest/ff-01/

  ↑↑
(ネットから全文を読むことができます)

ポジティブ感情(たとえば笑いや楽観主義)がナチュラルキラー細胞の増加をもたらし,免疫力を高め,ガンの再発のリスクを減少させることや,不登校の子どもが吉本新喜劇を見に行ったのをきっかけとして,登校するようになった事例なども報告され,ポジティブ感情はネガティブ感情にとらわれていた状態からの脱却のきっかけの役目を果たしているのではないかとも考えられるようになってきました。

 

その2 2008年3月
治癒力にスイッチを入れる~治るこころのつくり方

「治癒力にスイッチを入れる」 黒丸尊治(協会理事・関西支部長)
NPO法人日本ホリスティック医学協会
http://www.holistic-medicine.or.jp/column/c_mental/entry79.php

治癒力を発動させるスイッチとして、こころは非常に大きな役割を果たしていることは、経験的にも、また科学的、医学的にも明確なことです。もちろん実際には、こころだけでなく、からだや食事、遺伝要因など様々な要因が複雑に関連していますが、ここでは敢えてこころの側面に焦点を当て、その視点から治癒力のスイッチの入れ方について考えていきたいと思います。

◆プラス思考よ、さようなら
◆「ねばならない」思考
◆こころの回復力
◆努力ではなくきっかけ
↑↑
(ネットからこの記事の内容全文を読むことができます)

 

その3 2013年7月
免疫とストレス「楽しいことをする意味」

2013年7月
広島大学マスターズ 学問の散歩道IV:25-4
TSS 文化大学一般教養講座 平成25 年7 月16 日
免疫とストレス「楽しいことをする意味」松田治男(広島大学名誉教授)
https://home.hiroshima-u.ac.jp/masters/TSS-gakumon-sanpo/25-4-matsuda.pdf

   ↑↑
(PDFファイルなので、ネットから全文を読むことができます)

主な内容(目次)
1.はじめに
2.免疫の基礎知識
「免疫」の特徴は「記憶」「特異性」「寛容」

3.ストレス
4.楽しいことをする意味
 「楽しいことをする」「笑い」「合唱」
 音楽を聞く、歌を歌う、茶道や華道、禅、自然に親しむこと

「楽しいことをする」と免疫能力には正の相関があり、「楽しいこと」をしたり、「楽しいこと」を意識するだけで、免疫能力は即座に正の変化を遂げます。一方、これとは反対に、悲しい気分になったり、極度の緊張に晒されると、身体の免疫能力は急速に低下するのです。

5.おわりに

 

その4 2013年9月
免疫力アップの鍵は正しい心の持ち方にある!

2013年9月
免疫力アップの鍵は正しい心の持ち方にある!
月刊女性誌 ARE YOU HAPPY?(アーユーハッピー)2013年9月号
https://are-you-happy.com/2019/1665/

免疫力アップの鍵は正しい心の持ち方にある!
(この記事はネットから読むことができます)
●病気を引き起こす 心のメカニズム
●くよくよ・イライラが 免疫力を下げ、病気の原因に
●まずは心を見つめてみて
●意識して家族や友人のいいところを見つけ、口に出してほめましょう
 信仰に勝る免疫力なし
 強い信仰心と生きる思いが奇跡を呼ぶ

免疫力をアップするための5つのポイント
1.くよくよ・イライラしないで明るく生きること
2.自分の心を見つめる時間を取り、素直に反省すること
3.人の「いいところ」を見てほめること
4.病気になってしまったら、そこから学ぶものは何かを考えること
5.日々お祈りの時間をとり、信仰心を深めること

2013年9月号目次から抜粋
010 【特集】心と体のスピリチュアル免疫力アップ
012 あなたの免疫力は大丈夫!? 免疫力チェックシート
014 [インタビュー]病気に負けない体をつくる! 
   体を根本から強くする免疫力アップの方法 中国舞踊研究家 鐘 雪さん
032 スピリチュアル免疫力アップのための3つの指針
034 未来をつくる幸福論 免疫力を高める「思い」の力
   大川隆法 幸福の科学グループ創始者 兼 総裁

 

その5 2015年11月
生き様を見直し自分自身が持っている免疫力を高めましょう

免疫学の世界的権威  保徹先生 独占インタビュー
生き様を見直し自分自身が持っている免疫力を高めましょう
https://www.rainbow-net.co.jp/interview/20151101.html

(略)自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、忙しいと交感神経が刺激されて、血管は収縮し、血流に障害が起こります。それで顔色も悪くなりますし、各臓器に血液が届かなくなり、臓器にも負担がかかってしまうのです。ウイルスや細菌と戦う免疫細胞は主に血液の中で活動していますから、血流が悪化すると、免疫力も低下します。血流障害による臓器の負担増と免疫力の低下が体の不調を引起こしていると考えていいでしょう。(略)

↑↑
インタービュー内容はネットから読むことができます。
また、安保徹氏の著書は多数出版されています。
↓↓

 

その6 2019年2月
ポジティブ思考は体にも良い影響を及ぼす、免疫力の向上も

ポジティブ思考は体にも良い影響を及ぼす、免疫力の向上も 英研究
2019/02/16(土) 10:02配信 YAHOO!JAPANニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010000-clc_teleg-int

学術誌「Clinical Psychological Science」に掲載された研究で、ネガティブ思考は生理学的に有害だが、ポジティブ思考は心拍数を抑え、免疫力を高めることが分かった。
↑↑
(この記事はネットから読むことができます)

 

その7 2019年12月
ハーバード医科大で学んだ からだを正す意識の力

2019年12月
自然治癒力を正す鍵は免疫力にある
ハーバード医科大で学んだ からだを正す意識の力 著者: 柳舘富美
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4761272457

(まえがきより抜粋)
でも、諦めないでください。
「どうしても生きたい理由」があれば奇跡は起きます。
「どうしても生きたい」と願うのであれば奇跡は起きます。

ネガティブにならず、明るく前向きに生きていれば、自ずとよくなっていくのです。
私がハーバード医科大で「痛み」に関する最新治療を学んだことによる「自己治癒力」のすごさとスピリチュアルカウンセラーとしての「自己治癒力」のすごさを、本書で伝えていきたいと思います。
*本書の中に神様という言葉が出てきますが、あなたの信じる神様で構いません。宇宙でも、大いなる自然でも、あなたが信じている宗教でも何でもいいのです。私が個人的にイメージしている神様は、神社などに祀られている神様です。
あなたの体の中にある治す力、癒す力を信じて、不調や病気をよくするように、ぜひ、本書を活用して「自然治癒力を高める10の習慣」を試していただけると幸いです。

目次
chapter1/ハーバードで学んだ「自然治癒力」のすごさ
chapter2/自然治癒力が再生の原点
chapter3/自然治癒力を正す鍵は免疫力にある
chapter4/免疫力を高めることは体を治癒に導く
cahpter5/すべては自然に生きることが大事!

自然治癒力を高める10の習慣
習慣1 深呼吸する
習慣2 体を冷やさない
習慣3 誰かと美味しく食事する
習慣4 「ありがとう」を言う、言われる
習慣5 瞑想する
習慣6 笑う
習慣7 神様とのつながりを持つ
習慣8 天からのエネルギーを満たす
習慣9 体にエネルギーを満たす
習慣10 神様に体をお返しする

(詳しい内容はネットにはありません、書籍でお読みください)
↓↓

 

※2020年4月12日 内容を追加し「おすすめ資料4選」→「おすすめ資料7選」としました。

-現実を超える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秒で起きる。二度寝しないコツ。【早起き】

自分は、根っからの夜型人間、野生動物ならぬ“夜生動物”だと思い込んでいた。 だって、10代の半ばに、夜ふかしをおぼえ、20代になると、朝まで徹夜で遊んだり、 30代の頃には、無我夢中の仕事人間。カン徹 …

【自分探しの旅】アイデンティティを知る方法 生まれたところにヒントはあるか。

先日、親戚の結婚式に出るため、九州へ行ってきました。九州へは仕事で何度か行っているのですが、生まれた所(熊本県)へ行く機会は、なぜか今まで一度もなかったため、とても楽しみにしていました。初日の朝、空港 …

はるか遠い日に。「道をひらく」…松下幸之助

なんと、経営の神様・松下幸之助のご指導(←コレとんでもなく凄いんですが!)による祈願が開示されたというので、先日、さっそく行ってきました。※『不況脱出祈願』―松下幸之助特別霊指導―(5/7開示) 午前 …

【優先順位の真実】自分は何を第一としている人間か? 本当の自分自身を知る方法。

昔、ある飲食店チェーンの創業者から教わった、優先順位についての話。 いいか、「お店をオープンし100万円の給料が欲しい」という人がいたとする。 しかし、ほとんどの店主は、売上から仕入や経費の支払いをし …

道場六三郎スタイル。時間の使い方。

早起きの習慣が身についてから、最近、時間への意識が強い。で、時間の使い方について、あれこれ考えていると、道場六三郎をよく思い出す。道場六三郎は、その昔、フジテレビの人気番組「料理の鉄人」で、和の鉄人と …