カメログ

現実の中にあって、現実を超えていこう。(^_^)

おすすめツール

スティーブ・ジョブズの現実歪曲フィールド。

投稿日:

ちょっと前、思うところあって、スティーブ・ジョブズの伝記本を読んでいた。

スティーブ・ジョブズ I・IIセット 単行本

 

和室で寝ころびながら読んでいた時のこと、本のまわりが何やらボワボワ?する。

あれ? 目が疲れて、かすんできたのかな?

と思ったが、そうじゃない。本の周囲の空気が、かげろうか蜃気楼のように、ユラユラと揺れているのだ。

そういえば、年季の入った古い本の中には、小さな虫がクネクネうごめくような感覚を発する書もあるとか、誰かの何かの話しで聞いたことがある。

中古で購入した本だったから、そうした者の仕業か、あるいは、この本の前の持ち主の念(ねん)とかが残っていたのかな?

いやいやそれはないだろう。それほど古い本じゃないし。大体、そんな霊感や能力なんて自分にはないし。今までこういうこと一度も経験したこともないし…。

で、再度、読み出した時、「あ、これがスティーブ・ジョブズの有名な“現実歪曲フィールド”か!!」と気づいた。そうに違いないと確信的に思えた。

現実歪曲空間(げんじつわいきょくくうかん、英: reality distortion field、RDF)は、1981年にアップルコンピュータのバド・トリブルが、 同社の共同創設者スティーブ・ジョブズのカリスマ性およびMacintoshプロジェクトに従事する開発者への影響を言い表すために考案した造語である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スティーブ・ジョブズの精神力は、本を通しても、この現実世界をねじ曲げようとするんだ! 凄いなぁ…!! と感動したのだった。

現実をねじ曲げながら生きた抜いた男、
永遠のイノベーター、スティーブ・ジョブズ。

今さらながらご尊敬申し上げます。
ご教示ありがとうございます。m(_ _)m

記:2018-05-14 12:00:00

-おすすめツール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ポメラDM200】あの親指シフトの環境づくりが苦もなくできる唯一の方法。

テキストが快適に入力できる、という点では、知る人ぞ知る「親指シフト入力」。※ひょっとして知らなかったらググッでくださいね。 しかし、その入力環境を構築しようとすると、なかなかに面倒だったりします。 親 …

これって、最強のBGMかも。雅楽~平安のオーケストラ

仕事場では、いつも癒し系の音楽をBGMとして流している。最近は、気持ちが落ち着くので、静かなハープの演奏曲を好んでかけている。先日、知り合いの音楽の先生が「これ超おすすめ、一度聴いてごらんなさい」と紹 …

はるか遠い日に。「道をひらく」…松下幸之助

なんと、経営の神様・松下幸之助のご指導(←コレとんでもなく凄いんですが!)による祈願が開示されたというので、先日、さっそく行ってきました。※『不況脱出祈願』―松下幸之助特別霊指導―(5/7開示) 午前 …

【time indicator】現在位置を明確にする。タイムインジケーター

今日って何日? 何曜日だっけ? けっこう良く言ったり、聞かれたりする。 ここはどこ? 私はだれ? ・・・どうかすると、現在地がわからなくなることって、ありますよね。そんな時のため(?)、毎朝、デスク前 …